不動産 高値 売却


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

円満相続に欠かせない

自分の単独名義の不動産を売却する場合は、高値で売れても売れなくても、その価格に納得するかどうかは本人次第です。つまり、自分だけの問題で済むといえます。

 

しかし、土地を複数人で相続して売却する場合のように、売主が複数いる場合は話が別です。お金に関わることは不満が出やすいものです。

 

不動産売却は家族関係に影響しやすいものです。ことに相続となれば、親族も含めて、周りの多くの人が必然的に関わることになります。結果、家族や親族の絆が失われることもあるのです。

 

「高値にこだわらなくていい」「価格はそれほど重要ではない」とおっしゃる方は、意外とたくさんいらっしゃいます。「相場価格で売れればいい」「上を見ればキリがない」「欲張ってもいいことはない」などと考え、 一般的に取引されている相場価格で売れればよいとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。

 

自身がそのように思っていても、他の相続人が「高値にこだわる」「高くく売りたい」と思っていれば、そこで方向性のズレが生じます。そのズレを修正せずに取引を進めてしまえば、そこから不満や不信が生じるかもしれません。

 

高値で売却できて、「高くく売りすぎだ」「欲張りすぎだ」と怒る人はまずいません。ですから、「高値で売却することで、そうした家族関係に関するトラブルを防ぐ可能性は大いにあるのです。

長い人生、これから様々な出費があり得る

家族みんなが安心して豊かに暮らしていくには、ある程度のお金や収入が必要です。そうした貯蓄は、たとえ使う計画がはっきり決まっていなくとも、何が起こるかわからない時代に生きる私たちに、「安心感」をもたらしてくれるでしょう。

 

老後の生活資金や介護費用、旅行や趣味の費用、相続税や固定資産税の納税資金、借入の返済資金、子供や孫の教育資金、いざという時の蓄えなど、長い人生で考えられる出費はたくさんあります。深刻な病気にかかる、事故に遭うなど、想定外の大きな出費があるかもしれません。

 

これからの人生を安心して暮らすためには、少しでも高値で売却して、余裕を持っておきたいものです。特に、多くの人にとってこれから気がかりなのは、介護の問題です。日本人の平均寿命は年々延び、多くの人が長生きできるようになったこと自体はすばらしいことですが、ご家族の介護の負担も重くなるのです。

 

それをご家族の誰かに委ねると、その方の精神的、肉体的負担は非常に重くなります。何人かで分散できればいいのですが、多くの場合、一人で対応せぎるを得ない場合が多いものです。さらに、認知症になってしまった場合には、「ご飯を食べさせてくれない」「いじわるをする」などと、他のご親族に告げられる場合もあります。

 

「一生懸命に介護しても、誰も褒めてくれないし、ねぎらってもくれない」という不満も生じるかもしれません。大きなストレスがかかるのです。かといって、その場合、介護をヘルパーさんや施設に委ねると、相応の費用がかかります。それが5年、10年と続けば、経済的な負担も非常に重くなるのです。その結果、自分たちの生活費が遭迫することもあるわけです。

 

そう考えると、「今、自分の目の前の生活は問題ない」と楽観視するのは危険です。これから20年、30年、さらにいえば自分自身が亡くなった後も、配偶者や子供たち、孫たちが幸せに生きていけるために必要なことをしっかり考えて、今のうちに打てる手を打っておくことが大切だと思います。

先祖の思いが報われる形で売る必要がある

相続した不動産を売る場合、「売りたいから売る」のでなく、必要に迫られて「売らざるを得ないから売る」という方が大多数です。そして、時間があまりない中で売らざるを得ないことも多々あります。土地には、先祖代々の様々な思いが詰まっています。

 

そうしたご先祖様とは直接面識があるわけではなくても、彼らが存在したからこそ、自分が今ここに存在するのです。「そんなご先祖様が苦労して手に入れた土地かもしれない」と考えると、安易な気持ちで売ることはできないのではないでしょうか。

 

売主がとりたてて愛着を感じていなくても、ご先祖様が様々な困難を乗り越え、人事に守りぬいてきた土地かもしれません。代々受け継いできた不動産を売る場合には、やはりご先祖様の苦労や思いが報われるように、天国で見ていて喜んでくれるように売りたいものです。

 

だからこそ、その不動産の本当の価値をわかってくれる人に売りたいものです。買主側に低い評価しかしてもらえず、「安かったら買う」という姿勢で買い叩かれるのでは、売り手としてはあまりに残念です。少しでも高く評価してもらい、かつ「どうしても欲しい」と強い気持ちで望まれて高値で売りたいものです。

安定した収入をつくる原資となる

所有する不動産を高値で売れば、高い収益を生む不動産に買い換えることもできます。私がこれまでにお会いしたお客様には、収入を生んでいない土地を高値で売り、安定した収入を生む不動産に買い換えることで、より安心できる幸せな人生を手に入れられた方がたくさんいらっしゃいます。

 

その収入で借入金を返済したり、自宅を建て替えたり、子供たちや孫たちに贈与してあげたり、趣味に使ったり、介護費用に充てたり、将来のために貯金したり、将来の相続税のために保険を積み立てたり……。使い道は様々です。

 

いくら「先祖代々の土地」であっても、いくら「愛着がある土地」であっても、収益を生まず、固定資産税や相続税の負担が大きいだけの不動産であれば、いずれは生活を圧迫し、預貯金を減らしてしまうことになるでしょう。その結果として、手放さざるを得なくなる可能性は高いのです。

 

また、その土地を相続する側の立場からも考えてみてください。自分の子供や孫たちにとって、収益を生んでいない不動産を相続するよりも、収益がある不動産を相続する方が嬉しい方が大半ではないでしょうか。
もしも今所有している不動産が収益をあまり生んでいないのであれば、早いうちに収益力が高い不動産に買い換えることを考えてもいいかもしれません。

 

また、子供が3人いるなど、相続人が複数いる場合は「それぞれが単独で相続できる不動産」に買い換えておくのも1つの選択です。不動産によって得た収益は、家族みんなの幸せのために使うことができます。 
一方で、「今まで手をつけてこなかったことに手をつける」ということは、大変エネルギーが必要なことです。もちろん、それに関わるリスクもあります。しかし、「何もしないことがリスク」となる場合も多々あるのです。

 

中には、いずれ生じる問題に対して、その対策を考えることを先延ばしにしているだけの場合もあるでしょう。いずれにせよ、家族みんなの幸せを考えれば、検討する価値がある選択肢だと思います。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう