不動産 売却 秘訣


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

結婚には、幸せな結婚とそうでない結婚がある

私の周りには、すごく幸せな結婚をしている方がたくさんいます。年をとってもご夫婦の仲がすごく良く、 一緒に旅行に行ったり趣味を満喫したりして、子供たちや孫たちともよくコミュニケーションが取れている……、笑顔の絶えない結婚生活です。

 

「結婚生活はいかがですか?」と聞くと、「いろいろあるけど、いいね」なんておっしゃいます。一方で、残念ながらそうではない方も多数います。ここで考えていただきたいのは、結婚は「結婚すること」が大事な目的ではないということです。結婚することよりも、結婚してからの長い年月をお互いにとって「幸せなもの」にすることの方が、はるかに大切なのです。

 

では、結婚して「正解だった」と思えるのか、「正解とは言えない」と思うのか、その違いはどこから生じるのでしょうか。

 

その違いは、結婚する時に「何を日的としていたか」によるのだと思います。つまり、「結婚すること」を目的としていたのか、「幸せな結婚をすること」を目的として行動していたのか……。

「幸せな結婚」を求めた場合、様々な基準が上がります。それは「努力」の基準であり、「我慢」の基準であり、相手への「気遣い」の基準であり、「思いやり」の基準であり、「話の聞き方」の基準であり、「共感」の基準であり、「相手の希望を聞く」基準です。もしもそれらに関する自分の基準が低いまま、相手に多くを求めたり、結婚に多くを求めたりしても、現実的には手に入れることは難しいでしょう。

また、「何をもって相手を幸せにしてあげるか」の基準も上がります。その基準が高ければ、自分が良かれと思ってしていることが、本当に相手にとって良いことかどうかを、相手に直接尋ねることになるかもしれません。その基準が低ければ、相手に尋ねないかもしれません。

しかし、その基準が高ければ、「あなたのために良かれと思ってやっているけれど、正直なところどう思っている?」「『もっとこうしてほしい』という希望はある?」と、相手の満足度を高めるために、尋ねずにはいられないでしょう。これは少し勇気が必要な質問です。せっかくそのように尋ねても、「実はあまり嬉しくない。本当はもっとこうして欲しい」なんて言われたらショックです。「これまで数十年間、ずっとそう思っていたのか…」なんて考えると、めまいがするかもしれません。プライドにも触るかもしれません。

人は思い込みの動物です。「相手のことをわかっている」を思い込んでしまうと、相手の気持ちを「聞く」ことをしなくなっていきます。しかし、時が経ち、環境が変われば、人の感じ方も考え方も変わるものです。昔の感覚だけで「相手は喜んでいるに違いない」と思い込むのは、大変危険なことです。

これらのことを、結婚する前から高い基準で実践している人と、基準を持たずにやっている人とでは、どちらが幸せな結婚を手に入れることができるでしょうか。相手が幸せを感じるようになれば、その幸せは自分にも返ってきます。ですから、どのような「基準」をもっているかは、本当に大切なことだと思います。

人一倍努力すれば、幸せな結婚を手に入れることができる

そもそも結婚をする時に、「幸せな結婚をする」「そのために人一倍努力する」と、どれだけの人が決意しているのでしょうか。
決意するのは、ある意味怖いことです。そのように決意することで、「今まで妥協できたこと」が「妥協してはいけないこと」に変わり、「許されたこと」が「許されないこと」に変わり、「我慢しなくて良かったこと」が「我慢しなくてはいけないこと」に変わるからです。

 

もしかすると、「そのような決意はしんどい」「そこまでして結婚したいと思わない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。この基準が下がれば、努力をしなくなります。その低い基準で、努力しない中で、本当に幸せな結婚が手に入るのでしょうか。

 

では、幸せな結婚を手に入れるためには、どのような基準で、どのような努力をすればいいのでしょうか。もしも「何を努力すればいいのか」がわからなければ、努力のしようがありません。私は、3つのことが大切だと思います。

 

自らの「魅力」を高めることです。

人間には個性があり、人それぞれ違う魅力があります。たとえば、人を引き付ける魅力として男女共通のものを考えると、「優しさ」「思いやり」「笑顔」「感謝」「ねぎらい」「気遣い」「気配り」などが挙げられるでしょう。

男性ならではの魅力としては、「力強さ」「将来性」「稼ぐ力」「マメさ」「話を聞く力」などが、女性からは魅力を感じるのではないでしょうか。 一方、女性ならではの魅力としては、「相手を癒す力」「相手を褒める力」「男を立てる力」「料理の腕前」といったことが、男性に魅力を感じさせるのではないでしょうか。

こうした魅力や個性が相手を魅了する、強く引き付けるようなものかどうかで、幸せな結婚を手に入れられるかどうかが変わります。ですから、このような魅力を高めることが重要なのです。

「欠点」を改善することです。

もしかすると、自分では意識しなくとも、相手を不快にさせたり傷つけたりするような態度や言葉を使う癖がある方もいらっしゃるかもしれません。たとえば、「相手の話を最後まで聞かない」という癖があるとします。話を聞いている当人は、それを「最後まで聞く価値がない話」と判断したのかもしれません。しかし、頻繁に「最後まで話を聞いてくれない」ことが続くと、相手の不満やストレスは確実に蓄積されていきます。

「この人は何も私の話を聞いてくれない」「私のことを理解してくれない」という思いを抱かせてしまいます。また「すぐ怒る」という癖に関してはどうでしょうか。本人は自分の感情に素直に生きているだけかもしれません。しかし、その怒りを頻繁にぶつけられる立場から考えれば、たまったものではありません。相手の行動に怒りを覚えることがあったとしても、まずは「何があったのか」と聞けば、「実は……」と、相手の事情を知ることができるかもしれません。

事情を聞けば、「それはしかたないことだ」と怒りが収まる可能性も大いにあります。そのような欠点で、当人に悪意はなかったとしても、知らぬ間に相手を傷つけたり、気分を害したり不動産売却が人生に及ぼす影響は甚大しているかもしれません。そんな時は、自らの欠点を認め、直す努力をすることが大切です。

「どうすれば相手が幸せになれるか知る」ことです。

どんなことをしてもらえたら幸せな気持ちになれるかは、人それぞれ違います。相手が幸せを感じているかを直接尋ねることや、相手の様子からそれを感じとることが大切だと思います。

ここで注意しないといけないことは、相手が幸せを感じているかどうかは、タイミング次第で変わるということです。たとえば、結婚前と結婚後、子供が生まれた後と手が離れた後では、その感じ方が異なります。仕事での役割や社会的な役割が増す前と後でも違うでしょう。若い頃と年老いた時とでも違います「昔こんなことを言っていたから、今もこう思っているに違いない」という古い感覚にばかり固執していても、「実は考え方や好みが変わっていた」ということはよくある話です。

相手の希望通りに何かをしてあげたにもかかわらず、相手があまり幸せを感じられないこともあり得ます。「こうしてほしいと思っていたけど、どうも違うようだ」という話は、よくあることです。だからこそ、相手の希望を聞いたうえで、相手が本当に幸せを実感してくれるまで試行錯誤を繰り返すことが大切だと思います。これら3 つのことに対して誠実に人一倍努力する方は、結婚相手として魅力的に思えるのではないでしょうか。

結婚は、10年、20年、30年という長い間続くものです。結婚式の瞬間がゴールなのではありません。その先もずっと長く一緒に幸せに暮らしていける相手でなければ、結婚相手として魅力を感じてもらえないのではないでしょうか。もしも相手の人がそのようなことを自分にしてくれたら、嬉しくなると思います。「自分もできる範囲で相手に何かをしてあげたい」という気持ちを抱くのではないでしょうか。そのように、お互いが「相手のために何かしてあげたい」という気持ちを持ち続けることで、幸せな結婚は続いていくのだと思います。

結婚するのはたった一人、万人受けする必要はない

努力を続けても、良い相手とすぐに巡り会えないかもしれません。あなたに対する周りの評価が急上昇しないかもしれません。しかしそれでも、落ち込む必要も自信をなくす必要もないのです。

結婚においては、すべての人に受け入れられる必要はないからです。結婚する相手はたった一人なのです。
同じ人を見ても、「良くない」と思う人もいれば、「良い」と思う人もいて、「すごく良い」と思う人もいます。とはいえ、あなたのことを「すごく良い」と思ってくれる人が、周りを見渡しても見つからなければどうすればよいのでしょうか。

そこで諦めることはありません。「自分のことを良いと思ってくれる相手が絶対に見つかる」と信じて探すしか方法はないのです。それにあたって、「魅力を高める」「欠点を直す」の2つをしっかり行えば、そのような相手に出会える確率はより上がります。

人はより多くの人に好かれるために、「良くないこと」を隠そうとする傾向があります。しかし、相手がその「良くないこと」を欠点として感じるとは限らないのです。あなたにとって欠点だと思うことでも、それを全然気にしない人もいるのです。むしろ、そのような性質を隠すことで、「他にも隠していることがあるのではないか?」と疑われることもあるかもしれません。すると、相手に踏み込んでもらえません。

人は、「よくわからないものには手を出さない」生き物だと思います。だからこそ、相手から見て「よくわかる」形にする必要があります。たとえば、理想の人と出会えず、長く結婚できていない人に対しては、「この人には結婚できないだけの理由が何かあるのではないか」と、疑ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、そのような相手を前にして結婚を迷った時、次のように言われたらどうでしょうか。「実は、これまで良くない考え方を持っていて、それが結婚の障害になっていました。しかし、それが原因だと反省して、この6カ月間、その良くない考え方を改める努力を続けてきました。その甲斐あって、今では幸せな結婚ができる自信が以前よりも増しました」このような素直な告白によって、相手に対する魅力をますます感じることになるのではないでしょうか。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう