不動産 相続税


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

現在、相続税は現在最高税率が50%です。

 

平成27年には、最高税率は55%に引き上げられる予定です。

さらに、基礎控除が下げられます。この基礎控除額は、相続した額や相続人の数によって異なるのですが、税制改正により、この基礎控除額がこれまでより4割も低く設定されることになりました。つまり、これまで相続税の負担がなかった人でも、平成27年以降は相続税を納めなければならなくなる可能性があります。

 

たとえば、配偶者と子供2人で相続した場合を考えてみましょう。この場合に8000万円の基礎控除があります。つまり、相続した財産が8000万円までの場合には、相続税がかかりませんでした。しかし、今回の改正で基礎控除は4割カットされるので、基礎控除は4800万円となります。つまり、4800万円を超える財産には相続税が課せられることになります。

 

特に注意していただきたいのは、相続額が6億円を超える場合です。基礎控除が4割カットされるうえに、最高税率が5%引き上げられて55%になります。その負担は深刻です。

 

相続が起こると多額の相続税を10カ月以内に支払わなければならない状況に追い込まれるわけですが、その相続税を現金で一度に払えるという方はごく稀です。 一般的には、株や債券、不動産などの財産を現金化して納税するという方法をとる方が多いのです。その中で、特に注意を要するのが不動産です。

 

不動産の相続税額は、土地は国税局が定める「路線価」を、建物は「固定資産税評価額」を基準として決めます。では、その不動産の市場価格が2割下がると路線価も2割下がるのかといえば、必ずしもそうとは限りません。

 

不動産の市場価格が下がった場合、相続税は連動して下がるとは限りません。つまり、その不動産を売って得た金額が相続税を納めるのに十分な額を得ることはできないかもしれないのです。むしろ、相続税額が上がる可能性もあるため、相続税を払いきれない可能性があることを想定しておく必要があります。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう