売却 不動産 調査


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

不動産を高値で売却するために、依頼を受けた仲介会社がまず行うべきことは、「物件調査」と「資料準備」です。

 

一般的に、まず仲介会社は基本調査を行い、必要最小限の「物件概要書」を作成します。そして、買主に営業資料として渡します。買主は、真剣に購入を検討するのであれば、その「物件概要書」だけでは情報が足りません。そのため、詳細調査は買主が自ら行います。ただし、買主が自ら調べることができるものと、売主の協力や承諾を得ないと調べられないものがあります。前者は、現地調査や役所調査などが該当します。後者は、土地の地中埋設物、地盤の強度、土壌汚染、液状化リスク、境界関係や建物の遵法性や耐震性などが該当します。

 

少し想像していただけたらわかると思いますが、これらの調査には多大なる時間と労力がかかります。だから現実問題として、そこまで調べきれないこともあります。すると、「わからないこと」が残ることになります。

 

「わからないこと」が多い不動産については、「買ったあとにとんでもない問題が見つかるのではないか」

「わからないことが多いので、購入は見合わせよう」などと、買い手側に不安やためらいが生じます。

 

また、そのようなリスクがあるかもしれない不動産は、たとえ購入するとしても、問題があった時に損害が生じる危険があるため、そのリスク相応分を両親・兄弟との間係差し引いて、買い手側はできるだけ安く買おうとします。

 

一方、あらゆる情報が詳細に渡って公開されている不動産であれば、どのような魅力があるのか、どのような問題があるのかを含めて、買主は購入を検討します。そのため、購入に対する漠然とした不安が薄まり、積極的にその物件を購入する傾向にあります。

 

さらにいえば、詳細情報が公開され、特に大きな問題のないことが明らかになっている「優良不動産」の場合には、買主が、「この物件なら、高くても買いたい」と、高値で購入してくれる可能性が高まるのです。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



売却不動産を徹底的に調査し、万全の資料を準備する記事一覧

個人の方が安全に買えるように商品化された新築住宅などの居住用の不動産に比べ、事業用の不動産は、買主の「リスク」が特に生じやすいといえます。そこで、事業用不動産を売却する場合について、買主のリスクという観点から考えたいと思います。買主のリスクは、大きく分けて次の3つがあります。l つ目は、「想定していた事業ができないこと」ですたとえば周辺の開発規制や地区計画、道路員、隅切りなどの事情により、開発許可...

買主が事業者である場合、ほとんどのことは自分達で調べることができます。しかし、自分達だけではなかなか調べることができないことがあります。それが「リスク情報」です。買主が購入した後に、その不動産に問題や欠陥があることがわかった場合売主に損害賠償を請求する可能性もあります。買主はその対処を余儀なくされます。しかしながら、リスクのほとんどは事前にわかってさえいれば、対策を採ることができます。これらのリス...

所有する不動産に潜んでいるリスクを積極的に公開することにためらいを覚える不動産所有者は少なくありません。何も欠点がない完璧な人間など、この世に一人もいないはずです。誰しもに良いところもあれば、悪いところもあります。それが人間です。不動産にも同じことがいえます。たとえ欠点があったとしても、それが買主に事前にわかっていれば、それを受け入れる心の準備や覚悟ができるし、対策を採ることも可能です。もちろん、...

調査にあたってのポイントとなる注意点を、詳しく見ていきましょう。@地質(地盤)調査A地歴調査B境界。近隣調査まず 「地質(地盤)調査」です地質とは土地の性質のことで、土の中の性質に関しては、外から見えない部分です。掘 ってみないとわかりません。人 間でいえば、外見だけでは判断できない、いわば「性格」のようなものです。「腹の中で何を考えているかわからない」と思う人には、積極的に近づきたいとはあまり思...