不動産 高く売る 戦略


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

万全の調査と準備を整えたら、次は「高値売却のための戦略づくり」です

一般的には、この「戦略づくり」がないか、軽視されている傾向があります

 

いきなり営業にかかるイメージです。物件概要書に「売り出し価格」を入れて、他の不動産仲介会社に情報を流したり、自社のホームページに載せたり、広告に載せたりします。

 

少し想像していただきたいのですが、戦争でも、スポーツでも、選挙でも、明確な戦略なく、「まずやってみよう」といった精神で上手くいくでしょうか。失敗が許される状況であれば「い勉強になった」と反省して、次に活かせばいいかもしれません。しかし、不動産売却は1回勝負。「やり直し」ができません。しかも何千万円、何億円という差が生まれ、利益にも損失にも直接的に繋がります。プラスであればいいですが、 マイナスであれば簡単に取り戻せる金額ではありません。

 

日本の歴史を変えた戦いには様々な説があり、どの説が正しいかまではわかりませんが、いずれにせよ、織田信長が勢いや精神論で戦ったのではない、ということだけは確かです。

 


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



最も高値で売却するための戦略をつくる記事一覧

高値売却の戦略をつくるうえで、第一に考えるべきことが、「いかに物件の価値を高めるか」ということです。価値の高さに比例して、不動産の価格は上がります。人も、努力次第で「価値」を高めることができます。その価値の高さに比例して、年収が上がったり、信頼を集めたり、昇進したりします。「努力してもどうにもならないこと」より、「努力次第で何とでもなること」の方が圧倒的に多いのが「世の中の常」です。たとえば、相手...

よほど大きな地殻変動がない限り、立地は動かせません。しかし、不動産の価格を左右するのは「立地」だけではありません。土地に関していえば、どのような「形」で、どのように「道路」に接していて、、どのような「大きさ」なのかということも、とても重要です。本来、「形」や「道路付け」や「大きさ」は、立地同様変えることはできないと思われがちです。しかしこれらは、隣地と交渉することで変えることは可能です。次のような...

1つのブロックとしてみれば、前面道路に1面だけ接している「一方道路」と、2面が接して「角地」となっている「二方道路」では、やはり後者の方が価値が高くなりがちです。さらに3面接している「三方道路」、4面接している「四方道路」もあります。自宅用地としての評価は、さほど変わらないかもしれません。また一筆でマンションを建築する場合などもさほど変わらないかもしれません。しかし、仮にその面積が大きくて、開発し...

「大きさ」に関しては、特に事業用地に関しては、価格が大きく変わる要素になります。たとえば、戸建分譲ができる土地が300坪あれば、およそl区画あたり約30坪として8区画に分けると仮定します。この時、土地と建物の合計で、1戸あたり4000万円で売ると設定して考えてみましょう。するとすべて売れた場合に、3億2000万円の売り上げを上げることができます。しかし、土地の合計が3倍の900坪あった場合はどうで...

土地を地主から借りて家を建ててそこに住んでいる場合、地主が持つ権利を「底地権」、借主が持つ権利を「借地権」といいます。この場合、建物は借地人の所有物、土地は地主さんの所有物です。賃貸マンションの1室を借りる場合は、借主が持つ権利を「借家権」といいます。この場合、土地も建物も地主さんのものです。土地は買主のものですが、その上に建つ家は、借地人のものです。せっかく不動産を購入しても、借地人がいるために...

不動産売却においては「万人受け」する必要はありません。ある人にとっては価値が低くても、ある人にとっては価値が高いことがあります。そのためには、そのターゲットにどのようにアプローチするか、どのようにして本気で検討してもらうかが重要です。たとえば、住宅地の30坪の土地を売却するのであれば、買主のターゲットは主として個人のマイホーム購入層になるでしょう。これが1000坪規模の土地であれば、個人の所有物と...

不動産は1つとして同じものはありません。売主の事情も買主の事情もそれぞれ違います。ですから、「個別性が強い」といえます。不動産の売り方には、「相対取引」と「入札(オークション)」とがあります。私自身、ご相談を受ける不動産ごとに、どんな売り方が一番高値を引き出せるか、状況を見ながら臨機応変に変えるのが一番良いと思っています。「相対取引」の方がいいこともありますし、「入札方式」がいいこともあります。一...

紙を使った2回戦入札「紙を使った2回戦入札」では、文字通り入札を2回行います。基本的に、1回戦の上位数社(人)で2回戦を行います。l回戦の段階では、相手が見えずまったくの手探り状態ですが、2回戦は1回戦を踏まえて行いますので、多少状況が見えています。第4章の事例9、事例Hは、紙入札の2回戦入札を使った事例です。ただし、状況によっては1回戦で終了します。インターネットを使った競り上がり入札競り上がり...