不動産 価格 角地


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

1つのブロックとしてみれば、前面道路に1面だけ接している「一方道路」と、2面が接して「角地」となっている「二方道路」では、やはり後者の方が価値が高くなりがちです。

 

さらに3面接している「三方道路」、4面接している「四方道路」もあります。

 

自宅用地としての評価は、さほど変わらないかもしれません。また一筆でマンションを建築する場合などもさほど変わらないかもしれません。しかし、仮にその面積が大きくて、開発して土地を分割する前提となると、大きく価格が変わってきます。

 

一番の違いは「有効率」です。たとえば、道路に接する面が増えれば、それだけ敷地が取れます。無駄な「開発道路」や「位置指定道路(私道)」を入れなくても開発できます。

 

また、「有効性」以外に、角地をいくつも作れるので「商品性」も高めることができます。商品性が高まると、それだけ販売価格を高めることができます。だから、土地の仕入価格も上げることができます。

 

最も価格がつかないのは「無道路地」といって、「建築基準法の道路」に接していない土地で、建物は建てられません。たとえば、田のあぜ道にしか接していない土地も「無道路地」です。こういった土地が相当安くでしか買ってもらえないことは容易に想像ができると思います。

 

また、「再建築不可」の土地も同様です。通常、建築基準法では、道路に2m以上接していないと建物を建てることができません。昔は建築基準法が整備されていなかったので建物を建てられましたが、現行の法律では建てられません。つまり、リフォームはできますが、建て替えができない土地となります。そのため、無道路地ほどではありませんが、価格が随分と安くなります。

 

これらの状況を逆転するには、隣地と交渉して、無道路地を建築基準法上の道路に2m以上接する土地へ、再建築不可の土地を建て替えができる土地ヘ変えていかなければなりません。もちろん、 一方的にこちらだけにメリットがある話だと、隣地所有者は協力してくれません。重要なポイントは、「お互いにメリットがある形で交渉する」ことです。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



関連ページ

不動産の価値を最大限に高めるには?
「物件の価値を高める」というのは、しようと思えば誰にでもできます。しかし、物件の価値を大きく高め、かつ最高値を引き出すには、「普通の努力」だけでは足りません。
本来変えられない不動産の「形」も場合によっては変えられる
不動産は「立地が大切」とよく言われます。土地の形状によつて価格評価は変わります。どのような「形」になれば最も有効性や収益性が上がるのかを把握することです。
土地の大きさも、高値で買える買主が積極的に動くかどうかを左右する
個人の買主であれば、そこまで広い土地は必要ありませんが、相手が企業であった場合は、「土地の大きさ」が売れるポイントとなる場合もあるのです。
借地権付きの土地も、売り方によっては大化けする
借地権付きの土地は、なかなか価格がつきづらい不動産の1つです。借地権付きの不動産は、通常、かなり安い価格でしか買い手がつきません。
最も高値を出せる買主は誰か? 用途は何か?
最も高値を出せる買主が誰かを精査することは、とても大事です。その不動産を最も高く評価してくれる買主に売ればよいのです。
最も高値を引き出せる売り方は?
高値を引き出すための戦略の中で、「どの売り方を選択するか」も重要な要素です。ただし、注意も必要です。「限られた買主しかいない」というのが、依頼した仲介会社の単なる営業不足の場合もあるからです。
不動産の入札は、「紙を使った2回戦入札」と「インターネットを使った競り上がり入札」を使い分ける
インターネット入札の長所は、互いの価格が見えることです。