不動産 売却 入札


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

紙を使った2回戦入札

「紙を使った2回戦入札」では、文字通り入札を2回行います。基本的に、1回戦の上位数社(人)で2回戦を行います。l回戦の段階では、相手が見えずまったくの手探り状態ですが、2回戦は1回戦を踏まえて行いますので、多少状況が見えています。第4章の事例9、事例Hは、紙入札の2回戦入札を使った事例です。ただし、状況によっては1回戦で終了します。

 

インターネットを使った競り上がり入札

競り上がり入札とは、 一度のみならず何度も入札できる方式です。期限内に最高値をつけた買主が第一交渉権を得ます。

 

この方式では、インターネット上で入札するため、他の競争相手の価格が見えます。お互いに競争相手の価格を考慮して買値を設定するので、最終的な売却価格(=落札価格)が想定以上に競り上がりやすいのです。

 

さらに会場入札のように顔を合わせるわけではないため、談合されてしまう可能性もありません。また、弊社のインターネット入札では、「入札参加者」と「売主」、そして「弊社」しか見ることができない「一般非公開」で行い、情報の漏えいも防いでいます。第4章の事例を見ていただければわかると思いますが、毎回たくさんの入札が入っています。多い時は入札数が80件を超えることもあります。

 

1回入札だと、 一度決めた「上限価格」で負けたら終わりですが、インターネット入札だと、その「上限価格」を何度も変更することができます。また1番手だけでなく、2番手、3番手も同じように競り上がるため、もし仮に1番手がキャンセルになっても、すぐ下に2番手がいるので安心です。

 

インターネット入札の短所は、互いの価格が見えるが故に、1番手は2番手のすぐ上の価格で落札することができます。つまり、1番手と2番手に価格差がある時に、安く落札されてしまう可能性があることです。

「紙を使った2回戦入札」と「インターネットを使った競り上がり入札」には、それぞれ長所と短所があります。そのため、買主の状況、属性、1番手と2番手の価格差などを冷静に見極めながら、臨機応変に使い分けるのが賢明です。
一番の長所は「相手の価格が見えること」。一回入札では競合が自社の上限価格の上をいけば終わりだが、この方式の場合、競合の価格を見たうえで、当初の上限価格を超えて応札することができるため、価格が想定以上に競り上がることがある。

高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



関連ページ

不動産の価値を最大限に高めるには?
「物件の価値を高める」というのは、しようと思えば誰にでもできます。しかし、物件の価値を大きく高め、かつ最高値を引き出すには、「普通の努力」だけでは足りません。
本来変えられない不動産の「形」も場合によっては変えられる
不動産は「立地が大切」とよく言われます。土地の形状によつて価格評価は変わります。どのような「形」になれば最も有効性や収益性が上がるのかを把握することです。
「道路付け」も価格への影響が大きい
何mの道路に間口何mがどのように接しているかの「道路付け」はとても重要です。一方、道路によって価格がつかない、あるいは相当安くなってしまう土地もあるので要注意です。
土地の大きさも、高値で買える買主が積極的に動くかどうかを左右する
個人の買主であれば、そこまで広い土地は必要ありませんが、相手が企業であった場合は、「土地の大きさ」が売れるポイントとなる場合もあるのです。
借地権付きの土地も、売り方によっては大化けする
借地権付きの土地は、なかなか価格がつきづらい不動産の1つです。借地権付きの不動産は、通常、かなり安い価格でしか買い手がつきません。
最も高値を出せる買主は誰か? 用途は何か?
最も高値を出せる買主が誰かを精査することは、とても大事です。その不動産を最も高く評価してくれる買主に売ればよいのです。
最も高値を引き出せる売り方は?
高値を引き出すための戦略の中で、「どの売り方を選択するか」も重要な要素です。ただし、注意も必要です。「限られた買主しかいない」というのが、依頼した仲介会社の単なる営業不足の場合もあるからです。