不動産 土地,売却


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

「大きさ」に関しては、特に事業用地に関しては、価格が大きく変わる要素になります。

 

たとえば、戸建分譲ができる土地が300坪あれば、およそl区画あたり約30坪として8区画に分けると仮定します。この時、土地と建物の合計で、1戸あたり4000万円で売ると設定して考えてみましょう。するとすべて売れた場合に、3億2000万円の売り上げを上げることができます。

 

しかし、土地の合計が3倍の900坪あった場合はどうでしょうか。その場合、同じく1区画あたり約30坪の区画を設定すると、およそ25戸の分譲ができると仮定します。この場合も1戸を4000万円で売ると、10億円の売り上げとなります。

 

実際、売り上げが3億円の場合とЮ億円の場合とでは、買主のモチベーションは大きく変わります。手間暇はあまり変わらないうえに、3倍の売り上げを一気に上げることができるからです。特に、戸建分譲会社のような事業会社は、毎年一定の「売り上げ」が必要です。そのため、仕入れなければならない土地の絶対量があります。

 

分譲マンションの場合では、「延床で最低1000坪(ファミリータイプで40戸以上とや「売り上げで最低20億円」などと、「下限」を設定していることが多々あります。

 

また、ロードサイド用地や物流倉庫用地であれば、「5000坪以上なら欲しい」というニーズが多かったりします。単独の土地では5000坪に足らなくても、隣地と共同で売れば5000坪を超えるのであれば、高値で売却できるチャンスが到来し、隣地所有者にとってもいい話となる可能性があります。

 

もちろん、大手と勝負を避けるために、大手が手を出さない所で勝負している買主も多数います。だから、買い手がつかないことはありません。しかし、高値を引き出すためには、より資金力があって高値で買える買主に積極的に検討してもらいたいものです。

 

 


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



関連ページ

不動産の価値を最大限に高めるには?
「物件の価値を高める」というのは、しようと思えば誰にでもできます。しかし、物件の価値を大きく高め、かつ最高値を引き出すには、「普通の努力」だけでは足りません。
本来変えられない不動産の「形」も場合によっては変えられる
不動産は「立地が大切」とよく言われます。土地の形状によつて価格評価は変わります。どのような「形」になれば最も有効性や収益性が上がるのかを把握することです。
「道路付け」も価格への影響が大きい
何mの道路に間口何mがどのように接しているかの「道路付け」はとても重要です。一方、道路によって価格がつかない、あるいは相当安くなってしまう土地もあるので要注意です。
借地権付きの土地も、売り方によっては大化けする
借地権付きの土地は、なかなか価格がつきづらい不動産の1つです。借地権付きの不動産は、通常、かなり安い価格でしか買い手がつきません。
最も高値を出せる買主は誰か? 用途は何か?
最も高値を出せる買主が誰かを精査することは、とても大事です。その不動産を最も高く評価してくれる買主に売ればよいのです。
最も高値を引き出せる売り方は?
高値を引き出すための戦略の中で、「どの売り方を選択するか」も重要な要素です。ただし、注意も必要です。「限られた買主しかいない」というのが、依頼した仲介会社の単なる営業不足の場合もあるからです。
不動産の入札は、「紙を使った2回戦入札」と「インターネットを使った競り上がり入札」を使い分ける
インターネット入札の長所は、互いの価格が見えることです。