不動産 一戸建 売却


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

不動産売却においては「万人受け」する必要はありません。ある人にとっては価値が低くても、ある人にとっては価値が高いことがあります。

そのためには、そのターゲットにどのようにアプローチするか、どのようにして本気で検討してもらうかが重要です。

 

たとえば、住宅地の30坪の土地を売却するのであれば、買主のターゲットは主として個人のマイホーム購入層になるでしょう。これが1000坪規模の土地であれば、個人の所有物としては広すぎます。資金が足りない可能性もあります。

 

しかし、300坪あるのであれば、収益マンションの建設地としては、高い評価をしてもらえるかもしれません。また、戸建分譲の方が高値の買主がつくかもしれません。これが住宅地でなく幹線道路沿いの土地であれば、ファミリーレストランやラーメン店のような飲食店舗、スーパーやコンビニエンスストア、アパレル、カーディーラー、中古車センターのような流通店舗がターゲットになるかもしれません。

 

また、ロードサイドの店舗は購入ニーズより賃貸ニーズの方が強い場合があります。その場合、一尚い賃料を出してくれる借主がいれば、利回り投資物件として、一局値の買主を見つけやすくなります。

 

仲介会社は長年の経験と勘で決めつける傾向があります。それは私たち自身も相当気を付けないと、ついつい「この場所でこの面積であれば、戸建分譲にすれば一番高い価格が出そうだ」「駅徒歩5分で容積率が500%。ここは分譲マンションだろう」「ロードサイドで周辺は飲食店舗が多い。ここはロードサイド店舗だろう」などと先入観を持ってしまいがちです

 

 

 


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



関連ページ

不動産の価値を最大限に高めるには?
「物件の価値を高める」というのは、しようと思えば誰にでもできます。しかし、物件の価値を大きく高め、かつ最高値を引き出すには、「普通の努力」だけでは足りません。
本来変えられない不動産の「形」も場合によっては変えられる
不動産は「立地が大切」とよく言われます。土地の形状によつて価格評価は変わります。どのような「形」になれば最も有効性や収益性が上がるのかを把握することです。
「道路付け」も価格への影響が大きい
何mの道路に間口何mがどのように接しているかの「道路付け」はとても重要です。一方、道路によって価格がつかない、あるいは相当安くなってしまう土地もあるので要注意です。
土地の大きさも、高値で買える買主が積極的に動くかどうかを左右する
個人の買主であれば、そこまで広い土地は必要ありませんが、相手が企業であった場合は、「土地の大きさ」が売れるポイントとなる場合もあるのです。
借地権付きの土地も、売り方によっては大化けする
借地権付きの土地は、なかなか価格がつきづらい不動産の1つです。借地権付きの不動産は、通常、かなり安い価格でしか買い手がつきません。
最も高値を引き出せる売り方は?
高値を引き出すための戦略の中で、「どの売り方を選択するか」も重要な要素です。ただし、注意も必要です。「限られた買主しかいない」というのが、依頼した仲介会社の単なる営業不足の場合もあるからです。
不動産の入札は、「紙を使った2回戦入札」と「インターネットを使った競り上がり入札」を使い分ける
インターネット入札の長所は、互いの価格が見えることです。