不動産 価格 評価


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

よほど大きな地殻変動がない限り、立地は動かせません。

 

しかし、不動産の価格を左右するのは「立地」だけではありません。土地に関していえば、どのような「形」で、どのように「道路」に接していて、、どのような「大きさ」なのかということも、とても重要です。

 

本来、「形」や「道路付け」や「大きさ」は、立地同様変えることはできないと思われがちです。しかしこれらは、隣地と交渉することで変えることは可能です。次のような方法が考えられます。

どちらかが(一部を)購入する
土地の一部を交換する
共同で売却する

土地の形に関していえば、「正方形」がいいのか、「縦型の長方形」がいいのか、「横型の長方形」いいのかは、 一概に言えません。なぜなら重要なのは、そこで建物を建てる、もしくは事業を行ううえでの有効性、収益性次第だからです。

 

戸建住宅を建てるなら、きれいな正方形の土地がいいかもしれません。しかし、戸建分譲を行うなら、横型の長方形の方が道路を入れずに区割りができるのでいいかもしれないのです。たとえ三角形の土地でも、そこに収益物件を容積率いっぱいに建てることができるのであれば、形はさほど間題にならないかもしれません。用途によって最も高値を引き出せる土地の形は変わります。これについては、実際の設計プランを入れてみないとなんとも言えません。

 

そして、特に注意が必要なのは、形が悪い場合です。たとえば、間口が狭く奥行きが広い土地は、そのままだと価格が随分と安くなってしまう可能性が高くなります。なぜなら、間口が狭い道路側の土地の多くが通路に取られてしまい、有効率が悪くなるからです。有効率が60%か80%かで3割ほど有効率が違います。そして、価格は3割どころか、それ以上の開きになることがあります。なぜなら、有効率が高い土地は競争原理が働き、相場以上の価格がつくことがありますが、有効率が低い土地は競争原理が働きづらく、相場価格かそれ以下でしかなかなか売れないからです。

 

 

より高値が出る形状にするために、隣地の土地と折衝するのも1つの選択肢である。「持ちつ持たれつ」で双方に大きなメリットが生まれることがある。


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう








 



関連ページ

不動産の価値を最大限に高めるには?
「物件の価値を高める」というのは、しようと思えば誰にでもできます。しかし、物件の価値を大きく高め、かつ最高値を引き出すには、「普通の努力」だけでは足りません。
「道路付け」も価格への影響が大きい
何mの道路に間口何mがどのように接しているかの「道路付け」はとても重要です。一方、道路によって価格がつかない、あるいは相当安くなってしまう土地もあるので要注意です。
土地の大きさも、高値で買える買主が積極的に動くかどうかを左右する
個人の買主であれば、そこまで広い土地は必要ありませんが、相手が企業であった場合は、「土地の大きさ」が売れるポイントとなる場合もあるのです。
借地権付きの土地も、売り方によっては大化けする
借地権付きの土地は、なかなか価格がつきづらい不動産の1つです。借地権付きの不動産は、通常、かなり安い価格でしか買い手がつきません。
最も高値を出せる買主は誰か? 用途は何か?
最も高値を出せる買主が誰かを精査することは、とても大事です。その不動産を最も高く評価してくれる買主に売ればよいのです。
最も高値を引き出せる売り方は?
高値を引き出すための戦略の中で、「どの売り方を選択するか」も重要な要素です。ただし、注意も必要です。「限られた買主しかいない」というのが、依頼した仲介会社の単なる営業不足の場合もあるからです。
不動産の入札は、「紙を使った2回戦入札」と「インターネットを使った競り上がり入札」を使い分ける
インターネット入札の長所は、互いの価格が見えることです。