不動産 売却 準備


イエウール
オウチーノ
イエイ

 

不動産買取価格が高い

 


 

相見積もりは必須

 

 

最後のひと押し

 


不動産売却は、まだまだアナログの取引が主で、インターネットを使用した無料相見積もりを使うことで、かなり相場より高い値で買い取ってもらうことが出来るということが、まだ知られていません。
不動産をお持ちの方は、直接業者とやり取りをすることも大切ですが、一度インターネットの無料見積もりを取ってみられることを強くおすすめいたします。不動産業者と取引をする際にも、自分の資産が、一体最大でどれくらいの値がつくのか、を客観的に把握していることで、多くのウソを見破ることが出来るようになり、損をしない取引が実現可能です。

実際の不動産売却を見てみると、すべての取引において競争原理が最大限に働いているとは言えません。それは、「相対取引」か「入札」かという売り方の違いだけではありません。入札は相対取引よりも競争原理が働きやすいものですが、現実的には入札でも競争原理が有効に働いていない場合があります。

では、どうすれば「競争原理」はより有効に働いてくれるのでしょうか

調査、準備、戦略づくり、営業をしっかりやったうえで、3つの方法があると思います

競争相手の価格が見える

競争相手の価格がお互い見えない状況は、いい方向に傾く(=突出した価格が入る)可能性もありますが、悪い方向に傾く(=お互い探り合いで価格が伸びない)可能性もあります。どっちに傾くかわからないというのは少し危険です。

 

互いの価格が見えると、当初の上限を超えて、価格を入れてくれることがあります。「上限のさらに上」を引き出すことができるのです。

 

入札が佳境に差し迫ってくると、買主に「ここまで来たら負けられない」という思いが強くなってきます。実際、落札者になぜここまで金額が伸びたのかと問けば、Fし」まで来て負けたくなかったので」という答えが返ってくることが多いものです。たとえば、戸建分譲会社なら、高値を出せる強い買主ほど「負けず嫌い」な傾向があります。「負けず嫌い」だから、自社の商品力やブランドカを上げたり、販売力を上げたり、原価を下げたりする努力を、 一生懸命に根気強くやり続けることができるので、「強い」のです。

 

何度も入札できるチャンスがある

不動産の人札では、通常「1回入札」が多いです。恨みっこなしの1回限りの勝負です。しかし、ほんの僅差で負けた2位や3位としては、とても悔しいものです。

 

そのため、敗者復活戦があって、「もう一度チャンスがありますが金額を上積みしますか?」と聞くと、かなりの確率で「上積みします」と応じてくる買主がいると思います。「もう一度チャンスがある」というのは、買主にとってもいい仕組みだと思います。「まだいける」と思えば金額を上積みすればいいですし、F」れ以上は無理」と思えば降りたらいいだけだからです。

 

時間に制限がない

通常、入札は期限を設定します。「17時まで」とあればそれまでです。1回限りの入札であれば、特に問題ありませんが、「何度も入札できるチャンスがある」にもかかわらず、たとえば「17時まで」だからといつて17時ぴったりに終了してしまうと、最後の1秒に入れた買主が勝つことになってしまいます。また、買主も法人であれば、入札をする担当者がいて、後ろに社長や役員がいます。担当者の独断で金額を上積みすることはできません。そのため、上司や社長、役員と相談する時間が必要です。

 


競争原理がしっかり働く状況をつくることが重要です


高く売れる!不動産買取専門【イエウール】

・ 不動産査定で、最も期待できるサイトです。ここで物件・土地の査定をすることで、その価格に驚かれるに違いありません。

・ 地方もカバーしていますので、日本全国どこでも査定可能です

・ 買取価格に自信があります。地元の不動産業者とは比較になりません










 

不動産売却で得したいなら【オウチーノ】

・ イエウールと同じように買取価格が相場より高い

・ 全国を網羅、どこでも参加できる

・ イエウールと相見積もりして、同じような価格が出た場合、より競争させて買取価格UPにつなげることが可能









 


地方の土地値に強い【イエイ】

・ イエウール、オウチーノで納得がいかない時、第三の選択肢として試してみましょう